俺の脳内ミクが一番可愛い2

みんなしねばいいのに… 昨年、ひっそりとやらかした感のあるミクコンピCDが帰ってきた! 俺「ミク」って言ってるのに初っ端からカイト兄さんにジャックされてるけど気にしない! もう忘れた? 覚えてない? そもそも知らない? じゃあ、何度でも言ってやる!

──俺の脳内ミクが一番可愛い2



 

C75 2008/12/29(月) N-tone「こ-02b」/狐夢想屋 「あ-33a」のブースにて委託頒布

  • 作品仕様:VOCALOIDコンピレーションアルバム(CD-R・スリムケース)
  • 頒布価格:300円



 

01

作詞:愉快なヴォーパルバニーズ  作曲:どぶウサギ 歌:みんな大好きカイト兄さん

02

作詞・作曲:みよ 歌:初音ミク

03

作詞・作曲:oiko 歌:ミクさん

04

作詞・作曲:IIG 歌:初音ミク

05

作曲:ziki_7 歌:初音ミク


全曲クロスフェードデモ(4.3MB)



 

01 しねばいいのに

作詞:愉快なヴォーパルバニーズ
作曲:どぶウサギ
歌:みんな大好きカイト兄さん

しねばいいのに しねばいいのに しんでしまえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに どこかとおいところで しねばいいのに

布団に入ってウトウトしたら 携帯着信迷惑メール
あくびをしたら狙ったかのように 口の中へと飛んでくる虫

欠かさず録ってた深夜番組 野球延長で録画失敗
コーンポタージュの缶に残った 全然取れない最後一粒

どこか遠くの 僕の知らない場所で
いつのまにやら 僕の知らないあいだに

しねばいいのに しねばいいのに みんなしんじゃえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに どこかとおいところで 
しねばいいのに しねばいいのに しんでしまえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに あの虹の向こうで しねばいいのに

振り向きざまに椅子にぶつけて 無駄に痺れる肘の内側
シャーペン貸したら付属消しゴム 使って返してくるアイツ

有休使って部屋で寝てたら 隣の部屋から工事の音
明日〆切だと思ってたら 今日が〆切だった時の自分

どこか遠くの 僕の知らない世界で
いつのまにやら 僕の知らない時代に

しねばいいのに しねばいいのに みんなしんじゃえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに どこかとおいところで 
しねばいいのに しねばいいのに しんでしまえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに 青空の向こうで しねばいいのに

しねばいいのに しねばいいのに みんなしんじゃえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに どこかとおいところで 
しねばいいのに しねばいいのに しんでしまえばいいのに
しねばいいのに しねばいいのに あの虹の向こうで しねばいいのに

02 世界の針が刻む音

作詞・作曲:みよ
歌:初音ミク

錆びついた窓を いつものようにこじ開けて
しがみつく様な 背伸びで覗きこんだら
目が合った
自然と笑みが漏れる私を笑うあなた
ゆびさして「ちっせーな」なんて
失礼ね!

まわるまわる世界の針にのって
私はあなたを追いかけてるのよ 
いつまでもちいさな私じゃないんだもん
ここにいるのよ 私をみてーーー! 

どこまでも響け私の音
ギターの弦をかきならして
どこまでも届けわたしの歌
大きく大きくボリューム上げて
もっともっと あなたに届けーーー
 
え?目の前でゆーのうるさいって?
そんなのしらないもん
1.2.3.4!

ささくれた弦に思いの丈を叩きつけたら
君の指はボリュームをさげてたの
なんでと聞く私に うるさいからなんて
少しは私の思いに 気づけないの?

まわるまわる世界を刻む針の音が
私をあせらせる爆弾のよう
ちいさくても私の 夢は大きいのよ
夢に追いつくように 歌を叫べーーー!

どこまでも響け私の音
ギターの弦をかきならして
どこまでも届け私の歌
照らす街燈にお願いするように
いつまでもこんな日が続きますように・・・

03 夕焼けいまじねーしょん-short.ver-

作詞・作曲:oiko
歌:ミクさん

ボクのセカイはアカく融けた

君の背中追いかけて歩き出す

手にもつビニール袋重く

幸せの形いつも影二つ


いつまでも(いつまでも)
いつまでもこのままで

ガードレール
きみとあるく
きみとあゆむ みちさ


夕焼けの街が写す
ボクと境界線はどこまでも続き
交わす事無く傍に
君の影とともに

夕焼けの街で見える
アカい世界 この時だけを
抱きしめて 愛したいから
ふりかえらず

04 la

作詞・作曲:IIG
歌:初音ミク

どこか遠く聞こえてくる声
耳を澄ますあなたは誰なの
堅く閉じた空の隙間に
いつかからか差し込んだ光

悴んだ指をその手に絡めて
重なり合う熱が導くだろう

君と見る世界はいつでも優しく輝いて
胸の奥までも照らしてくれる
離れないよあなたの側を
例えこの先に何があっても

部屋に響く知らない歌声
耳を塞いだ誰でもいいのね
熱い吐息あなたに零し
腕を回す体すり抜ける

悴んだ指をただ握りしめて
見上げた空の果て何も見えない

君のいた世界はいつでも眩しく瞬いて
胸の奥までも照らし見透かす
離さないであたしだけ見てて
願いは音も立てずに散った

世界はいつか壊れて狂った
知らない人々言葉が溢れ
あなたは先へあたしを見捨てて
決して届かない場所へと進んだ

世界は今でも激しく煌めいて
胸の奥底を焼き焦がしていく
それでも廻る世界は続く
体遺して心だけ終わる

もうわからないどうすればいいの
このまま消えるだけならせめて
夜空の星になれればいいかな
あなたとの曲を歌い続けて

ららららら
ららららら
ららららら
ららららら

05 world end

作曲:ziki_7
歌:初音ミク

no lyrics

OREMIKU 2 STAFF